apyapon

趣味とか出来事とか。

マイティ・ソー バトルロイヤル 感想 【ネタバレあり】

そんなに期待せずに観に行ったシリーズ3作目。正直、今回が1番好きになれました。マイティ・ソー北欧神話感は切っても切れない世界観だと思っていたのですが、今回はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのようなポップなSF観に一気に変わりました。ギャグシーンも多く、サクッと笑いながら観られる作品に仕上がっています…が、実はめっちゃ重い気もします。

それにしても、邦題はなぜ「ラグナロク」ではなく「バトルロイヤル」なのでしょう?特にこだわりはないのですが↓のロゴも何度か出てくるし…地味に気になりました。そんなマイティ・ソー バトルロイヤルの感想です。

マイティ・ソー バトルロイヤル Thor: Ragnarok 映画 レビュー ネタバレ 感想

見どころ:アベンジャーズ』の一員であるソーを、クリス・ヘムズワースが演じたアクションシリーズの第3弾。ソーのハンマーを破壊するほどの力を持つ敵が登場し、宇宙の果ての星でとらわれの身となったソーが戦う姿を活写する。クリスやロキ役のトム・ヒドルストンに加え、ヘラ役で『ブルージャスミン』などのケイト・ブランシェットが出演。『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』などのタイカ・ワイティティが監督を務める。

あらすじ:アベンジャーズのメンバーであるソー(クリス・ヘムズワース)の前に、邪悪な敵ヘラ(ケイト・ブランシェット)が出現する。ヘラはソーの武器ムジョルニアを破壊し、ソーを宇宙の果てへと飛ばしてしまう。とらわれの身となったソーは、脱出を懸けてチャンピオンと対決することになり、彼の前に現れたのは……。

※シネマトゥデイより

 

 あれ?予告と違くない?


Marvel 映画「ソー バトルロイヤル」日本版予告 (原題: ソー ラグナロク)

映画館で観ていて気になったのが、ソーのハンマー「ムジョルニア」をヘラが破壊するシーン。

マイティ・ソー バトルロイヤル Thor: Ragnarok 映画 レビュー ネタバレ 感想

予告だと路地裏っぽい所で破壊していますが、映画だと草原っぽい場所に変わっています。なんらかの理由でストーリーが変わったのか?真相は分かりません。パンフレットにはオーディン役のアンソニー・ホプキンスが「私が脚本の本筋から反れるようなことを試したくなった時があってね」と答えていたり。当初はオーディンが預けられていた老人ホームのスグ近くで行われていたのかもしれませんね。

パンフレットと言えばヘラの頭についても触れていました。特撮好きの方はスーパー戦隊電子戦隊デンジマンに出てくるヘドリアン女王に似ていると思ったはず。そもそもヘドリアン女王がヘラのデザインを参考にしたという事が書かれていました。

マイティ・ソー バトルロイヤル Thor: Ragnarok 映画 レビュー ネタバレ 感想

マイティ・ソー バトルロイヤル Thor: Ragnarok 映画 レビュー ネタバレ 感想

さて、無残にも散ってしまうムジョルニアですが、最初の戦闘シーンで大活躍!このシーンがなかなか見もので「あぁ…ソーってむっちゃ強いわ」と素直に思えます。また、物語の鍵となる人物?ムスペルヘイムの王、スルトとの会話シーンも笑えました。このスルト…なんか憎めないなと思えます。

 

もう1つ予告と違うと思ったのがソーがビリビリしているこのシーン。

マイティ・ソー バトルロイヤル Thor: Ragnarok 映画 レビュー ネタバレ 感想

これは意図的に見せない事を選んだんだと思いますが…ビックリしました。今後もあのままなのか?実は凄く気になります。エージェント・オブ・シールドを観ていると、誰かがなんとか出来る気もしますが…本当にどうなるのか。心配です。とにかく圧倒的に強いヘラにどう立ち向かうのか?ソーのまさかのアイデアもこの映画の見所の1つですね。

マイティ・ソー バトルロイヤル Thor: Ragnarok 映画 レビュー ネタバレ 感想

 

肩の力を抜いて観られる。

ソーにとっては過酷な出来事が多い映画ですが、笑いながら観られる絶妙なバランスが保たれています。先に挙げたスルトとの会話シーンからはじまり、変顔を見せたり、自分が投げた球が顔面に直撃したり…ソーが身近な存在に感じられる描き方でした。また、マイティ・ソーといえばロキ。相変わらずなんですが、彼が出てくるたびに少し笑えて好きになるの繰り返し。特にハルクがソーを叩きつけるシーンでのリアクション。おっさんなのに可愛いとさえ思います。人としてはわりとクズのはずなのに(笑)好きになってしまう魅力が凄い。他にもブルース・バナーがシリアスなシーンで笑いを取ったり…少し変わった雰囲気の作風でした。

 

また、サカールという星で知り合うコーグという岩型宇宙人を実は監督のタイカ・ワイティティが演じていたり。ソーがアスガルドに戻った際に目撃する演劇。前作マイティ・ソー/ダーク・ワールドでロキが力尽きるシーンを演じたものですが、実はロキ=マット・デイモン、ソー=クリス・ヘムズワースの兄ルーク・ヘムズワース、オーディンサム・ニールと無駄に?凝った内容だったり。遊び心に溢れた作品です。この記事も併せて読むと◎

 

他、ネタバレを含み思ったことを箇条書き。

  • 冒頭の鎖で繋がれたソーとスルトの会話で、この映画の楽しみ方が分かった気がした。
  • 演劇、銅像、ぶどうでロキのこれまでの行いを許せてしまう謎。スーツがめちゃくちゃ似合う。ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)に翻弄される姿も笑えた。30分落ち続けるのはイヤだ。
  • オーディンまわりがよく分からなかった。ロキが魔術で記憶を消して?老人ホームに預ける→老人ホームがなくなる&オーディン気がつく?→ドクター・ストレンジが現れる→ノルウェーに送る的な感じかな?死因は寿命?ヘラの件といい実は闇が深いじいさんだなと改めて。
  • ビフレストの新しい門番スカージ(カール・アーバン)。パンフレットを読むまで、スタートレックのマッコイの人だと気づかなかった。地球の銃の強さを見せてくれましたね。
  • サカールでソーを捕らえたビリビリ。あれ、ヘラになんとかして付けたら…いけたんじゃないか?と思うくらい強い(笑)お馴染みの人に髪を切られるソーですが、短髪もカッコいいなと思えました。ひたいから首筋にかけて赤い色がついていましたが、あれは鎧に合わせたメイクらしいです。血にしてはキレイだと思った。
  • ロキのコミュ力(笑)しばらく楽しく暮らしてたんだなと伝わりました。ハルクを見た時のビビり具合や、ソーとハルクの戦いを見ている時の彼は輝いていましたね。「サプラーイズ」とか空き缶?当たるところと「いるよ」も好きです。
  • ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)の心変わりが急(笑)彼女とハルクの関係を今後もっと深めてくれると嬉しい。しかし、過去の戦いはどうやって勝ったのか気になります。アスガルドにいると強くなるヘラをミッドガルド(地球)に送って、ヴァルキリーを送り込みつつオーディンも行ったのかな?首を左右に振る動きといい、彼女の挑発的な所はイイなと思いました。マイティ・ソー バトルロイヤル Thor: Ragnarok 映画 レビュー ネタバレ 感想
  • グランドマスター(ジェフ・ゴールドブラム)は楽しそうでしたね。彼と腹心のトパーズ?は良いキャラしてたと思います。惑星サカールはカラフルで機械的で、マイティ・ソーの世界観を一気に変えてくれました。窓ガラスの丈夫さにも驚きです。
  • ウォリアーズ・スリーの扱い…サクッと死んでしまうのはある意味リアルだし、ヘラの強さが際立った気もします。シフ(ジェイミー・アレクサンダー)が不在だったのは気になりますね。またエージェント・オブ・シールドの方に出張しているのかな?ヘイムダルは渋くてカッコよかったけど、思ったより弱い気もしました。しかし、アスガルドの民はこれまでの戦いやヘラに殺されてあそこまで減ったのかな?地球に向かうとか先行き不安です。マイティ・ソー バトルロイヤル Thor: Ragnarok 映画 レビュー ネタバレ 感想
  • ハルクがめっちゃ喋る。犬が強い。
  • マイティ・ソー バトルロイヤル Thor: Ragnarok 映画 レビュー ネタバレ 感想

  • 音楽も良かった!注目されているのは?レッド・ツェッペリンの移民の歌/Immigrant Songな気がしますが、個人的にはPlanet Sakaar(サントラ22曲目)とGrandmaster Jam Session(サントラ23曲目)が好きです。ピコピコ感!

 

他、いろいろと思う所はありますがこの辺で。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)史上最短と聞いていましたが、見どころいっぱいの映画だったと思います。

ソーは父、故郷、友を失うという重い状況。姉であるヘラやオーディンの過去について彼の中で思う所があったかと思いますが、空気まで重くしなかったのは良かったと思います。

 

関連商品

マイティ・ソー (字幕版)
 
Thor: Ragnarok (Original Motion Picture Soundtrack)

Thor: Ragnarok (Original Motion Picture Soundtrack)

 

 

プレミアム バンダイデザインTシャツ通販のClubT