apyapon

趣味とか出来事とか。

ベイビー・ドライバー 感想 【途中ネタバレあり】

映画 ベイビー・ドライバー Baby Driver 感想

エドガー・ライト監督の新作と聞いて数ヶ月前から楽しみにしていた本作。とはいえサイモン・ペッグニック・フロスト込みで好きな事もあり、期待値はほどほどで観に行きました。

映画解説・あらすじ

『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』などのエドガー・ライト監督のクライムアクション。音楽に乗って天才的なドライビングテクニックを発揮する、犯罪組織の逃がし屋の活躍を描く。『ダイバージェント』シリーズなどのアンセル・エルゴート、テレビシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などのケヴィン・スペイシー、『Ray/レイ』などのジェイミー・フォックスらが出演。主人公のユニークなキャラクター、迫力満点のカーアクションに注目。

幼い時の事故の後遺症によって耳鳴りに悩まされながら、完璧なプレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで驚異のドライビングテクニックを発揮するベイビー(アンセル・エルゴート)。その腕を買われて犯罪組織の逃がし屋として活躍するが、デボラ(リリー・ジェームズ)という女性と恋に落ちる。それを機に裏社会の仕事から手を引こうと考えるが、ベイビーを手放したくない組織のボス(ケヴィン・スペイシー)は、デボラを脅しの材料にして強盗に協力するように迫る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

 

これぞカーチェイス版『ラ・ラ・ランド』!

「なんだそのうたい文句は(笑)」と思いつつ、それに惹かれた妻のようなタイプもいるので、素晴らしいうたい文句なのかもしれません。これに関しては夫婦そろってラ・ラ・ランドを観ていないので、本当かどうか分かりません!近々TSUTAYAに行って確かめたいと思います。

さて、今作を観たのはあまがさきキューズモール内のMOVIXあまがさき。少し前まで?こんな大きな映画館でエドガー・ライト監督の映画を公開する事はなかった気がします!公開初日2回目の上映時間でしたが、まぁまぁ人も多かったです。余談ですが、その前に観たスパイダーマン ホームカミングが驚くほどスカスカ(面白かったのに!)だったので、余計に多く感じました。yahooなどの映画レビューでも割と高評価な気もします。そんなに宣伝されてる風でもないのに不思議。

 

音楽と映像のリンクが心地よい。

この映画の見どころはそれに尽きる。言葉で説明するのもなんなので、冒頭のカーチェイスをご覧ください。

…という感じです(笑)クラッシュ、ワイパー、銃声など曲との一体感が凄くイイ!この映像を観て、特に惹かれるものがなかった人は楽しめない映画だと思います。

 

好きな演出はイヤホン。

ベイビーが両耳にイヤホンを付けている時、片方だけの時、はずした時、それぞれ音の大きさが変わるのが地味に好きなところ。より音楽と映像の一体感を心地よいものにしてくれる演出でした。曲と行動がズレた時にiPodを取り出して早戻しするシーンも、彼のこだわりを感じられるので好きです。

映画 ベイビー・ドライバー Baby Driver 感想

とにかく音楽が原動力となるベイビー・ドライバー!鑑賞後にサントラが欲しくなるのは必然!CD2枚組/30曲収録で定価2562円はめちゃ安い!むしろ公開前にAmazonで注文していたのですが、到着は早くて8月末になりそうなのが残念です(8/21時点で次回の入荷予定日は9/28となっていました)。

Baby Driver (Music From The Motion Picture)

Baby Driver (Music From The Motion Picture)

 

エドガー・ライト監督作品で言うと映画解説・あらすじで触れた『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』もかなり熱いです!2014年の公開から現在に至るまで、現役で聴き続けています!『ベイビー・ドライバー』でエドガー・ライト監督に興味を持った方はぜひ!

 

以下ネタバレを含む感想を箇条書き。

 

最後に。

高評価の人が多い印象ですが、正直やっぱりモヤっとしています。でも、もう一度観たいという気持ちもある。冒頭のノリノリすぎるベイビーと、後半のどんより具合。彼の心境の変化に素直に感情移入できなかったのが、個人的にもったいなかったです。でも、町山智浩さんの話を聴くと…もう一度観たい欲が高まります(笑)


【町山智浩の映画時評】画期的なミュージカルアクション映画『ベイビー・ドライバー』

プレミアム バンダイデザインTシャツ通販のClubT