apyaponの日記

趣味とか出来事とか。

MSVモデリングカタログ レビュー

MSVモデリングカタログ―1/144+α

2010年2月に発売された本書。興味はあったけど「高い」という印象でスルーしていました。中古でも高く、安くなったら買うくらいの気持ちで数年。どんな本かというと…

 

「MSVシリーズはポーズ変更だけでどこまでカッコよくなるか?」という問いをテーマに、改めてMSVシリーズの魅力を再発見。ガンプラ史にいまだ輝くエポック“モビルスーツバリエーション”シリーズ1/144(サイズ)のモナカキットを作例で網羅するモデリングカタログ。

【作例掲載キット(製作/岡 正信)】

●1/144 RX-78-1 プロトタイプガンダム ●1/144 FA-78-1 ガンダム フルアーマータイプ ●1/144 RX-77-4 ガンキャノンII ●1/144 RGC-80 ジムキャノン ●1/144 RGM-79 ジムスナイパーカスタム ●1/144 MS-06R ザクII ●1/144 MS-06R-2 ジョニー・ライデン少佐機 ●1/144 MS-06F ザクII マインレイヤー ●1/144 MS-06K ザクキャノン ●1/144 MS-06D ザクデザートタイプ ●1/144 MS-06V ザクタンク ●1/144 MS-06M 水中用ザク ●1/144 MS-06E ザク強行偵察型 ●1/144 MS-06E-3 ザク “フリッパー” ●1/144 MS-06Z Zタイプザク ●1/144 MSN-01 高速機動型ザク ●1/144 MS-07H グフ飛行試験型 ●1/144 YMS-09 プロトタイプドム ●1/144 YMS-09 局地戦闘型ドム ●1/144 MS-14C ゲルググキャノン ●1/144 MS-14B ゲルググ ジョニー・ライデン少佐機 ●1/144 パーフェクトガンダム ●1/250 MSN-02 パーフェクトジオング

 

とのこと。

 

今になってHGUCやRGとはまた違った、"らしさ"が魅力の旧キットを"ポーズ変更だけ"でカッコ良くするというテーマに惹かれ、新品で購入しました(ヨドバシカメラのポイントを犠牲にして!)。

 

カタログだ!

 

本書の基本構成は1キットにつき前後写真各1ページ、パッケージ・ランナー構成・ビフォーアフター(関節変更箇所記載)で1ページ、デザイン画・各部のアップ写真で1ページの計4ページ構成。

 

ポーズ変更の詳細や、塗装に関する記載はありません。まさに完成品を眺める為のカタログ!といった感じです。とはいえ、最初にポーズ変更の手法として「針金で関節を固定している」という説明と、小さな写真が2枚。

中盤でザク マインレイヤーを例に、ポリキャップ等を用いた可動化に関する記事も写真付きで4ページに渡り記載されています。最後に1/100や1/60など、1/144以外のMSVキットのラインナップ紹介が記載されているといった構成です。

 

満足度は95%!

全キット穴埋めとポーズ変更以外の工作を行っていないということなので、構成がとてもシンプル。おかげで前後写真に各1ページ使えたのかな?とは思います。やはり大きい写真は迫力もあり、とても嬉しいです。

 

ただ、前述の通り塗装に関する記載はゼロ。カラーレシピだけで充分だと思うので、そこは惜しいと思った点です。それ以外は大旨満足しています。やはり値段は高いので、普通に現金で買っていたかと問われると…少し悩みます。モデルグラフィックスの別冊は他のも高いので、これが普通と言えば普通ですが…。

 

とは言え、岡プロの作例が好きな自分にとっては見ているだけでかなりの満足度。いつの間にやらモデルグラフィックスから姿が消えてしまっているのが切ない限りです(最近のモデルグラフィックス電撃ホビーマガジンみたいになってきましたね…)。

 

最近になって、Amazonプライムビデオでファーストガンダムの配信が始まった事もあり、旧キット需要も上がるのでは?と個人的には思っています。僕もザク マインレイヤー、フルアーマーガンダム、パーフェクトガンダムを買ってしまいました。嫁と子どもと猫が寝ていて、自分に体力があるタイミング(ほとんどない)でコツコツ作っていきたいな〜と思います。

 

ちなみにコチラが仮組みしたザク マインレイヤー(ランドセルはノーマルですが…)。

MSVモデリングカタログ レビュー 旧キット ザク マインレイヤー 1/144

ドッシリ感に謎の癒し効果を感じます。

小学生の頃、近所の人に?いただいたものの、元祖SDやBB戦士ばかり作っていた小学生の自分にはとてつもなくハードルが高かった記憶があります。まさか32歳になってリベンジの機会がくるなんて…不思議なものです(できないかもしれませんが)。

完成しました。 

関連商品

MSVモデリングカタログ―1/144+α

MSVモデリングカタログ―1/144+α

 

何の作例が載っているのか…何気に分かりやすい表紙ですね。大きな写真で見る&実際のキットと見比べると楽しさ倍増です。高いですが…。 

大河原邦男版のザクを作るなら、いまだに第一線!と紹介されていたマインレイヤー。2つも買ってしまいました。

1/144 MSVモビルスーツバリエーション ガンダムフルアーマー

1/144 MSVモビルスーツバリエーション ガンダムフルアーマー

 

こちらは1体のみ購入。プラモ狂四郎の青いカラーで作りたい1品! 

そんなプラモ狂四郎のパーフェクトガンダム。いまだにHGUCで出ないのは、バンダイの出し惜しみでしょうか?旧キットのガンダムの中では1番顔がイケメンな気がします。  

岡プロの「モナカキット」ガンプラ改造講座

岡プロの「モナカキット」ガンプラ改造講座

 

こちらも買おうか悩んで買っていない1冊。

というのも、同じ作例が載ったモデルグラフィックスが実家に眠っているから。 

Model Graphix (モデルグラフィックス) 2009年 09月号 [雑誌]

Model Graphix (モデルグラフィックス) 2009年 09月号 [雑誌]

 

実家にあるはずが…行方不明なのが悔しいです。

切る、貼る、削る。&塗る!!

切る、貼る、削る。&塗る!!

 

別冊だと、なぜかこの本はスグに買った記憶があります。

こっちの記事でも値段にケチを付けている自分。 

Model Graphix (モデルグラフィックス) 2011年 04月号 [雑誌]

Model Graphix (モデルグラフィックス) 2011年 04月号 [雑誌]

 

何気に満足度で言うとこの号がかなり高いです。 

 

プレミアム バンダイデザインTシャツ通販のClubT