apyapon

趣味とか出来事とか。

アントマン 感想

公開から少し経ちましたが、シルバーウィークにアントマンを観にいきました。

映画 アントマン レビュー 感想

 

前回、アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンを観る際に失敗した事。

 
それは座席予約!席に座ろうとしたら誰かいる!?
というか、自分が予約した日時が次の日!?
なんてバカな事を!!!!
 
それがあったので、今回は慎重に予約。
 
無事に席につき、アントマンが始まった。
 
「スターク!おい、スターク!」
 
吹き替え版!?しまった!字幕派なのに…と後悔からのスタートでした(笑)
 
しかし…
 

吹き替え全然あり!

 
普段はなんとなく、吹き替えで観るのはジャッキー・チェンの映画くらいでしたが、思ったより全然いい!
 
特に屋敷に潜入するまでの経緯を説明するシーンと、エンドロール前のシーン。
 
あれが笑えたのは吹き替え版だったからなのかもしれません。
(まだ字幕で観てないので言い切れませんが…。)
 
 
てか、あの親友!ルイスの声はブラマヨの小杉!?上手い(笑)
ヒロインのホープの声は…良くも悪くもめっちゃ目立った気がします。

映画 アントマン レビュー 感想

ちなみにホープ役のエヴァンジェリン・リリーはなんと36歳!?

特訓中のタンクトップ姿が印象的です。

 
主役のスコット・ラング(ポール・ラッド) の声は、声優さん(木内秀信)でした。

映画 アントマン レビュー 感想

 
 

字幕派?吹き替え派?

そういえば、少し前に話題になっていました。
「それでも自分は字幕だな~」と何も考えずに思っていましたが、
やっぱり思い込みは良くないですね。
 
 
でも、ファルコンは違和感あった!弱そう!
(こちらは溝端淳平でした)
 
 

なんか笑えた。

 

アントマンは他のマーベル・シネマティック・ユニバース作品に比べて、戦闘シーンも含めて笑いどころが多かったように思います。
 
一気に小さくなることで、目の前から消えたり、突然現れたり。
標的を小さくしたり、大きくしたり。トリッキーなのが◎

映画 アントマン レビュー 感想

 
身近なアリの使い方も面白かったです。

 

そんなアリ達を紹介しているマニアックなブログもありました(笑)

ありんこ日記 AntRoom:映画「アントマン」試写会

 

正直、スーツの見た目もそんなに好みじゃないし、小さくなるってなんか地味。
そう思っていましたが、今ではこのポスターが最高にカッコいいと思います。

映画 アントマン レビュー 感想

 
オーストラリアには、ミニチュアサイズのポスターもあったそうな。
これも、小さくなるキャラクターの特性を活かしているのが素敵です。
 
 

期待していなかった。

 
というのも、エドガー・ライト監督の降板。
 
 
パンフレットには名前が書かれていますが、どれくらい"彼の脚本"が残っていたのか?
コルネット3部作も好きだし、アタック・ザ・ブロックも面白かった。
 
だからこそ、期待していた!のに降板と聞いて、あまり期待せずに観に行ったのが本音です。
 
…が、本当に面白かった!
自信を持ってオススメします。
 
最後に監督のインタビューを◎
 
 

最後と言いつつ。

…さて、パンフレットによるとこのアントマンが、マーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ2のラストということらしいです。
フェーズ3は2016年「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」~2019年「インヒューマンズ」まで計画されています。(公開年は本国の物)
 
詳細はパンフレットにて。ちなみに、アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロンのレビューで紹介した作品の他に「スパイダーマン」が追加されていたり、若干変わっているところがありました。
 
 
いつまで続くか分かりませんが…長生きしないと!
 
今回は23時までのレイトショーにも関わらず小さな子供もたくさんいました。
映画館のHPでは終了時間が23時を過ぎると、18歳未満は保護者と一緒でも禁止とされていました。
小学校低学年くらいの子がこの時間に映画を観るのがありだなんて、結構ユルい!と感じたのは…歳なんでしょうか…。
 

 

関連商品

サイズ・チャートにCMでお馴染みのヤクルトを使っているのに笑いました。 

Blu-rayも何種類か出ています。 

映画版なのに、口が出ている謎のデザイン!

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ版はバンダイから! 

こっちは小さくなったアントマン付き!

アントニーが好きならコチラ! 

リアルさを追求するならホットトイズ! 

 

関連記事

 

プレミアム バンダイデザインTシャツ通販のClubT