読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

apyaponの日記

趣味とか出来事とか。

海外マラソンRunRun旅 レビュー

給水がワイン!?のメドックマラソンに始まり、
東京マラソンのボランティア、グアム、バンクーバー、雨の中の台北マラソンで…シリーズ終了!
え?終了!?というのが素直な感想。

もっと読みたい!と思えるシリーズでした。


『マラソンのマンガ=練習&本番の様子』ではなく
『マラソンやってる人の日常を描く』マンガです。
日本全国から海外まで、マラソンを通じて出会う人や食べ物、出来事を
面白おかしく描いているので、息抜きにも良い◎


実は、このたかぎなおこさんのマラソンシリーズの影響もあり、
昨年『神戸マラソン』に挑戦しました。

個人的に「長距離なんて二度と走らんわ!」と、
思ったのが高校の授業でやった10kmのマラソン大会。

アレが限界だと思っていた自分が、まさかフルマラソンに挑戦したとは今でも信じられません。

…が、Instagramに証拠があるので記憶は正しいのだと思います(笑)
25キロ程で両足を吊ってからはまさに地獄!…でしたが、
ゴールできたのは本当に良い思い出です。

最近はサボっていますが…走る事の楽しさ、
走る事によって得られる出会いや、体験の大切さを読んで、行動して実感!

一緒に練習、その後にお風呂やご飯に行って下さった先輩ランナーの方々。
各大会や練習を支えて下さるボランティアの方々。

このマラソンシリーズに出てくる人もそうですが、
一緒に走ってみるとランナーさんは人の良い方ばかりだなと思います。

日頃「運動不足だな〜」と感じている方こそ、
ランナー人口が増え続けている?今がチャンス!
マンガから溢れる『ワクワク感』がモチベーションを保ってくれるはず。


…そういえば加藤さんを「かとやん」と書いてるトコがありましたが、
前から呼ばれてましたでしょうか?
なんだか、そこに4冊分の距離の縮まりを感じました。

マラソン1年生

マラソン1年生

マラソンを始めるきっかけになったシリーズ第1作目。
『1年生』ってタイトルに仲間意識を感じて、頑張った人がたくさんいそうな気がします。

プレミアム バンダイデザインTシャツ通販のClubT