読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

apyaponの日記

趣味とか出来事とか。

「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」 レビュー

公開時に観に行かず、レンタル開始後も近所のTSUTAYA

借りられっぱなしだった本作。

 
この休みでやっと観る事ができました。
 
 
これまでの映画と比べ「良い」と思った点も多かったです。
ただ、相変わらず「悪い」と思う部分も多かった。
 
【良い点】
■門矢士が良い人
今回は髪型も普通!「平成ライダー対昭和ライダーの世界」に現れ、
この世界でやるべき事やって帰っていく感じ。
お説教も聞け、ディケイド好きとしては嬉しい。
鳴滝さんともちょっと仲良くなってないか?(笑)と、思わずにはいられない。
 
■本郷猛の復活
めちゃくちゃ渋い。
本郷猛というか、藤岡弘、さんそのものな気もする(笑)
変身シーンでは、旧カラーから新1号に変わっていく様が
描かれていて「おっ!」と思えた。
説教くささを感じるものの、あえて厳しく接する道を選んだと思いたい…。
 
■乾巧と神敬介
この2人のやり取りは、これまでの大戦映画と比べると…
破格の良い点だと思った。オリジナルキャストで、
両者の交流を丁寧に書いてあって感心した。
 
■ジョーカー対Black / 翔太郎&士
翔太郎役の桐山漣くんが「Blackに憧れて〜」という話を
舞台挨拶か何かで話していたのを思い出した。
士と翔太郎のやり取りも、すっかり顔見知りといった感じで◎
 
■ゼクロス
これは悪い点でもあるけど。
良い点は菅田俊さんご本人の登場。
エンディングテーマと、その時にセスナに乗ろうとする場面。
 
 
…といった感じでしょうか。
 
 
【悪い点】
■ライダー同士の無駄な争い
毎年毎年「仲間割れしたフリに引っかかったな!」的な展開。
それで街が壊れるのはライダー的にありなのか?と、疑問に思う(笑)
(冒頭のカブトが突っ込んだビルとか、Jさんとか。最後に
鎧武に負けを認める下りを考えても…。)
 
いい加減、最初から力を合わせて戦うなり、
集まるのに苦労するなりの展開にしてほしい。
 
■再生怪人のメンツ
再生怪人とは言え、大幹部クラスが本当にザコ扱いなのも毎度毎度…。
フィフティーンの強さを引き立てる役にしてもちょっと…。
今回は珍しくビルゲニアまで復活してたのに、
特に何事もなくフェードアウトしてたのは笑った。
 
■先輩ライダーの声
非常に難しい事ではあると思うけど、1人だけ明らかにアニメ風で、
喋る度にセリフより違和感に気を取られてしまった。
 
■セタップ?
大変身は?
でも、見せ方は面白かった!
 
■戦隊?
一瞬出てくるシュバルツ。お一人様のキョウリュウレッド。
謎に美味しいトッキュウジャー。
無理やり絡める必要があったのか…。
電王と電車×電車やりたかったんだろうけど。
 
■ゼクロス&バダン
この扱いは酷いと思う。
暗闇大使になるまでに何年かかったんだろう?(笑)
暗闇大使としても、ゼクロスとしても見せ場も特になく…。
バダン総統もあっさりと戦隊メンバーにやられる始末。
何だか可哀想ですらある。
 
 
良い点も多かっただけに、毎度毎度争うライダーは流石に飽きた。
本来は子どもが観るもので、年々客層が入れ替わるにしても毎年同じって…。
 
少なくとも「昭和ライダー勝利バージョン」を買ってまで
観る事はないかな…というのが正直な感想。
 
ただ、藤岡弘、さんの本郷猛をまた観たい!と思わせてくれた。
そして、菅田俊さんには是非、次の映画で悪の帝王ビルゴルディを
演じてほしいと思えた。
 

 

 

 

 

プレミアム バンダイデザインTシャツ通販のClubT