apyaponの日記

趣味とか出来事とか。

「ベイマックス」 レビュー

初ディズニー

個人的に劇場で観る"初"のディズニー映画。

ストーリーに関わるネタバレなしで感想を。

 


『ベイマックス』予告編 - YouTube

 

予告を観るに、ハートフルなほのぼのストーリー!

流行りの日常系アニメに違いない!

 

…と、思って観に行かないのは損!?かも。

今作はマーベルコミックの登場人物を主人公とする初のディズニーアニメ映画。

原題は「Big Hero 6」…ヒーロー?彼等が?

ベイマックス
 
そう
 

マーベルコミック=ヒーローもの。

 
このベイマックスも、CMの雰囲気を想像して観に行くと"良い意味"で裏切られる?
そんな"ヒーロー映画"でした。
 
原作からは、設定もかなり改変されているようで…
 
ベイマックス
 
ベイマックスもめっちゃ強そう(笑)
舞台や主人公の名前なども違います。
 
 
映画の感想としては…もし、子どもの頃に観て、
家にDVDがあれば"何度も観た"と思う。
それくらいワクワクするし、テンポ良く話が進むので面白いです。
 
小さな男の子が主人公なので、ご家族、特に男の子のいる家庭なら、
アナ雪が退屈だったお兄ちゃんや弟くんも、これなら満足するはず(笑)
(でも兄の死までの流れは、子どもには多少退屈かも?)
 
 
さて、洋画は普段なら字幕で観る事が多いのですが、今回はアニメということ。
舞台が日本とサンフランシスコを基に作られた「サンフランソウキョウ」ということ。
 
この2つと…個人的に叔母のキャスの声が菅野美穂さんということで、
吹き替え版を選択。
 
菅野さんは初の声優(意外!?)ということで、苦労されたそうです。
聞いた感想としては「1000%菅野美穂!」と、誰もが気付く感じ(笑)
凄く特徴のある声なんだと再認識。
 
逆に兄のタダシ・ハマダ役の小泉孝太郎さんは言われないと分からない。
というか…普通に上手かったです。
 
たまには吹き替え版も良いなと素直に思えました。
 
あと、子ども向け?のアニメにも関わらず、
アイアンマン並みのアーマーのダメージ表現にも驚きました。
 
最後に。この映画に限りませんが、やはりエンドロールで席を立つのはもったいない。
この作品も、エンドロール後に特別な人物?が登場するなど
「おぉ〜」というサプライズが!
(誰?と思う人が大半だとは思いますが、劇場でも反応してる人が多数いました。)

他のマーベルコミック映画。アイアンマンや、キャプテンアメリカ
エンドロール後と同じように?「これ…続編いける?」と、思ってしまうはず◎
グッズも豊富で、何か手元に置いて置きたくなりました。
 
そういえば… 

ベイマックス

この圧力鍋…どことなくベイマックスっぽくないですか? 

 

The Art of ベイマックス(ジ・アート・オブ ベイマックス)

The Art of ベイマックス(ジ・アート・オブ ベイマックス)

 

 

 

 

 

ベイマックス (ディズニーアニメ小説版)

ベイマックス (ディズニーアニメ小説版)

 

 

 

ディズニームービーブック ベイマックス (ディズニーストーリーブック)

ディズニームービーブック ベイマックス (ディズニーストーリーブック)

 

 

 
 
 
プレミアム バンダイデザインTシャツ通販のClubT