apyapon

趣味とか出来事とか。

「変態小説家」 レビュー

好きな俳優、サイモン・ペッグさんが主演というだけで借りてみた映画。

◾︎あらすじ

ジャック(サイモン・ペッグ)は、児童作家から犯罪小説家に転身し、

執筆活動のため、ヴィクトリアの連続殺人鬼のリサーチに没頭する。

ところが、これが原因でジャックは自分が何者かに命を狙われている、

という誇大妄想に憑りつかれてしまうことに。

 

ジャックが長年付き合ってきた代理人は彼を見捨て、

何故か突然ハリウッドの大物がジャックの作品に興味を示し、

彼の妄想はますますカオス状態へ…。

 


変態小説家(予告編) - YouTube

 

正直、予告を観てもそんなにワクワクはしませんでした。

…むしろ不安(笑)

 

さて、本編。

しばらく家の中で話が進みます。

…や、実際は進みません。

もう「このおっさん何十分も何やってんの?」状態。

 

僕は子どもの頃、心霊番組やUFO特番を観た後にトイレに行ったり、

お風呂に入ったり、1人で寝るのすら怖がるタイプでした。

 

「今、目を開けて、目の前に宇宙人おったら…」と、ガクブルする感じ。

 

例えるなら、そんな状態に落ちいっている、

おっさんをひたすら観せられる映画です。

それが半分くらい。

 

後々、外出するのですが、とにかく挙動不審。

そこからまさか、まさか?、まさか!な展開に。

…まぁ、そんなに大げさではないんですが(笑)

一応、前半頑張って観れば、後半に動きます!

 

とりあえず、感想としては「何やねんこの映画(笑)」でしょうか。

特に感動も何もしないのですが、憎めないというか。

 

ただ、不思議と"また観たくなってきた"という…。

そう思ってブログに書いてみた。

 

とりあえず、サイモン・ペッグさんのファンなら、

いろんな表情を楽しめるはず!

 

…でも、買うのは個人的にためらいます(笑)

 

 
 

 

変態小説家 [DVD]

変態小説家 [DVD]

 

 

 
 
プレミアム バンダイデザインTシャツ通販のClubT