apyapon

趣味とか出来事とか。

ワンダーウーマン 感想 【途中ネタバレあり】

2016年3月25日に公開された『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にて、多くの人が思ったのではないでしょうか?「もっと彼女の活躍を見せてくれ!」と。マーベル映画に押され気味?だったDC映画に希望をもたらした?ワンダーウーマンを観に行きました。

映画 ワンダーウーマン WONDER WOMAN 感想 ネタバレ レビュー ダイアナ ガル・ガドット Gal Gadot

見どころ:バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を見たこともないプリンセスがたどる運命を描く。ワンダーウーマンを演じるのは『ワイルド・スピード』シリーズなどのガル・ガドット。『スター・トレック』シリーズなどのクリス・パインらが共演し、監督は『モンスター』などのパティ・ジェンキンスが務める。イスラエルでの兵役経験もあるガルの本格的なアクションに期待。

あらすじ:人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダーウーマン(ガル・ガドット)は、自分が育ってきた世界以外の環境を知らず、さらに男性を見たこともなかった。ある日、彼女は浜辺に不時着したパイロットと遭遇。彼を救出したことをきっかけに、ワンダーウーマンは身分を隠して人間社会で生活していくことにする。

映画『ワンダーウーマン』 - シネマトゥデイ

 

女性が多かった。

間違いなく劇場内に女性が多い。若い女の子もいましたが、妻の隣に座った女性はおそらく50代後半から60代。「70年代のTVシリーズを観ていた方だろうか?」と勝手に思っています。主役のガル・ガドットはもちろん、パティ・ジェンキンス監督も女性。女性監督でこれだけの予算を獲得し、ヒットした事は映画史に残る?的なニュースも話題になっていた印象。映画評論家の町山智浩さんのお話も併せて押さえておくと、さらに今作を楽しめるはず。


【町山智浩の映画時評】~全世界でヒット中~『ワンダーウーマン』

 

画面が明るい!

これは本当にDC映画なのか?(笑)現代のワンダーウーマン(ダイアナ)が昔を思い出すカタチでストーリーが始まる今作。故郷セミッシラ島で過ごした幼少期の回想シーンがとにかく明るい!楽園感が心地いい…何よりダイアナが可愛い!

映画 ワンダーウーマン WONDER WOMAN 感想 ネタバレ レビュー ダイアナ ガル・ガドット Gal Gadot

この子が街を走り回ったり、大人の戦闘訓練を見よう見真似している様子がとても微笑ましいのです。

 

分かってたけど最初だけ。

予告を観れば分かるのですが、ダイアナが大人になる頃には画面が暗くなります(笑)なにせ物語の舞台が第一次世界大戦。舞台が戦時中に戻る辺りのつくりは、言いたくないけどキャプテンアメリカ感満載です。

映画 ワンダーウーマン WONDER WOMAN 感想 ネタバレ レビュー ダイアナ ガル・ガドット Gal Gadot

(共に行動する4人もそれぞれ個性が光ってて良かったです。)

とはいえ、前2作(マン・オブ・スティール/バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生)と比べると、外の世界を知らなかったダイアナが主人公なので笑えるシーンも多いです。スティーブ(クリス・パイン)のサービスシーン???での会話や、ロンドンの街に溶け込めるようたくさんの服を試着するシーン、はじめてアイスクリームを食べた時の反応、etc…。世間を知らない素直なダイアナと、周囲のギャップは心配でもあり微笑ましくもありました。

映画 ワンダーウーマン WONDER WOMAN 感想 ネタバレ レビュー ダイアナ ガル・ガドット Gal Gadot

(町山さん曰くエンタープライズのサイズを語るシーン。)

映画 ワンダーウーマン WONDER WOMAN 感想 ネタバレ レビュー ダイアナ ガル・ガドット Gal Gadot

(ちょいちょい笑い声も聞こえました。)

映画 ワンダーウーマン WONDER WOMAN 感想 ネタバレ レビュー ダイアナ ガル・ガドット Gal Gadot

(現代のダイアナ(すれる前)との違いも今作の見所かもしれません。)

 

満足度は85%。

ストーリーなど細かなことには全然触れていませんが、観終わった素直な感想です。外の世界に出て、ドイツ軍の企みを阻止するべく動くスティーブ達と戦闘を行い…。正直、話の流れ的には中盤の戦闘あたりが1番じ~んときました。画面も明るめで、アクションもまだ見やすい。後半は唐突にドラゴンボール的なシーンが増えて、追うのが大変です。が、マーベル系の戦闘シーンとは差別化できていると思います。

映画 ワンダーウーマン WONDER WOMAN 感想 ネタバレ レビュー ダイアナ ガル・ガドット Gal Gadot

(地味だけど真実の投げ縄を使うシーンで、巻き戻したいと思うくらい刺さるシーンがありました。)

映画 ワンダーウーマン WONDER WOMAN 感想 ネタバレ レビュー ダイアナ ガル・ガドット Gal Gadot

(力の差が圧倒的すぎてストーリーをどう〆るのかが、ずっと気になる作品でした。)

映画 ワンダーウーマン WONDER WOMAN 感想 ネタバレ レビュー ダイアナ ガル・ガドット Gal Gadot

(最後の方は絵的にバットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生でした笑))

 

以下ネタバレを含む感想を箇条書き。

  • 何ヶ国語も話せたり、科学の知識もあったり…隔離された島とは思えない。後、時間の流れもよく分からないのが気になる。
  • 昔話のシーンの演出が地味に好きです。
  • 9割の人がセミッシラが滅ぶと思ったはず。
  • アマゾン族の強さが気になる…最強の戦士アンティオペ将軍…。でも、序盤の戦闘シーンも良かった。弓矢にワクワクできるのは某ホークアイさん並。

    映画 ワンダーウーマン WONDER WOMAN 感想 ネタバレ レビュー ダイアナ ガル・ガドット Gal Gadot

  • スティーブ役のクリス・パインがバイクに乗るのを観て、スター・トレック BEYONDを思い出す。
  • スティーブの秘書エッタさん…死ななくて良かった。パンフレットを読んで、ショーン・オブ・ザ・デッドに出ていた事を知って驚き。これは気づかない。

    映画 ワンダーウーマン WONDER WOMAN 感想 ネタバレ レビュー ダイアナ ガル・ガドット Gal Gadot

  • 正直ルーデンドルフ総監を倒した事をきっかけに世界の事を知る~的な流れになって、そのまま終わると思ってた。ガスの影響で、もっと強くなると思ってたのに…(笑)
  • マル博士の背景をもっと知りたい。死んでないし、今後なにかしら負の遺産的な形で出るのかな?
  • 軍神アレス「あ、本当にまだいたの?」って感じです。ちょっと彼の存在が自分の中ではマイナスに働いた感。アクションに超人らしさを取り入れる為にも必要だったとは思うけど、ルーデンドルフ総監をドゥームズデイ的にしてくれた方がすっきりしたかも。アレスは既に死んでいたが、人間1人ひとりの中に~的な。でもドゥームズデイ的にすると絵的に被るし、それはそれで不満だったかも?難しい。アレスがイギリスにいた事や、人間に閃きを与えただけというのは理解できるけど…。何だろう?小物感が残念だったのか?
  • 今日を守るから、世界を守れ…なんとかできなかったのか?とりあえず着陸して遠くから打つとか…。
  • 結論の愛を今後、どうやって伝えていくのか。現代のダイアナはかなりすれてる印象あるし(笑)
  • スティーブの写真に手を添えるシーンを見て「思ったより指が短いな」と思ってしまった。すみません。

 

最後に。

次回はジャスティス・リーグ!公式サイトにアクセスするなり、ガル・ガドットさんのコメント動画が流れる。今回のヒットに頼りまくりですね。

wwws.warnerbros.co.jp

…まさにDC映画の救世主?11月23日の公開が楽しみです。これを機に過去の作品をチェックするのもおススメです。マーベルと比べると、圧倒的に数が少ないので追いやすいはず!

「ワンダーウーマン」オリジナル・サウンドトラック

「ワンダーウーマン」オリジナル・サウンドトラック

 

 

 

ベイビー・ドライバー 感想 【途中ネタバレあり】

映画 ベイビー・ドライバー Baby Driver 感想

エドガー・ライト監督の新作と聞いて数ヶ月前から楽しみにしていた本作。とはいえサイモン・ペッグニック・フロスト込みで好きな事もあり、期待値はほどほどで観に行きました。

映画解説・あらすじ

『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』などのエドガー・ライト監督のクライムアクション。音楽に乗って天才的なドライビングテクニックを発揮する、犯罪組織の逃がし屋の活躍を描く。『ダイバージェント』シリーズなどのアンセル・エルゴート、テレビシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などのケヴィン・スペイシー、『Ray/レイ』などのジェイミー・フォックスらが出演。主人公のユニークなキャラクター、迫力満点のカーアクションに注目。

幼い時の事故の後遺症によって耳鳴りに悩まされながら、完璧なプレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで驚異のドライビングテクニックを発揮するベイビー(アンセル・エルゴート)。その腕を買われて犯罪組織の逃がし屋として活躍するが、デボラ(リリー・ジェームズ)という女性と恋に落ちる。それを機に裏社会の仕事から手を引こうと考えるが、ベイビーを手放したくない組織のボス(ケヴィン・スペイシー)は、デボラを脅しの材料にして強盗に協力するように迫る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

 

これぞカーチェイス版『ラ・ラ・ランド』!

「なんだそのうたい文句は(笑)」と思いつつ、それに惹かれた妻のようなタイプもいるので、素晴らしいうたい文句なのかもしれません。これに関しては夫婦そろってラ・ラ・ランドを観ていないので、本当かどうか分かりません!近々TSUTAYAに行って確かめたいと思います。

さて、今作を観たのはあまがさきキューズモール内のMOVIXあまがさき。少し前まで?こんな大きな映画館でエドガー・ライト監督の映画を公開する事はなかった気がします!公開初日2回目の上映時間でしたが、まぁまぁ人も多かったです。余談ですが、その前に観たスパイダーマン ホームカミングが驚くほどスカスカ(面白かったのに!)だったので、余計に多く感じました。yahooなどの映画レビューでも割と高評価な気もします。そんなに宣伝されてる風でもないのに不思議。

 

音楽と映像のリンクが心地よい。

この映画の見どころはそれに尽きる。言葉で説明するのもなんなので、冒頭のカーチェイスをご覧ください。

…という感じです(笑)クラッシュ、ワイパー、銃声など曲との一体感が凄くイイ!この映像を観て、特に惹かれるものがなかった人は楽しめない映画だと思います。

 

好きな演出はイヤホン。

ベイビーが両耳にイヤホンを付けている時、片方だけの時、はずした時、それぞれ音の大きさが変わるのが地味に好きなところ。より音楽と映像の一体感を心地よいものにしてくれる演出でした。曲と行動がズレた時にiPodを取り出して早戻しするシーンも、彼のこだわりを感じられるので好きです。

映画 ベイビー・ドライバー Baby Driver 感想

とにかく音楽が原動力となるベイビー・ドライバー!鑑賞後にサントラが欲しくなるのは必然!CD2枚組/30曲収録で定価2562円はめちゃ安い!むしろ公開前にAmazonで注文していたのですが、到着は早くて8月末になりそうなのが残念です(8/21時点で次回の入荷予定日は9/28となっていました)。

Baby Driver (Music From The Motion Picture)

Baby Driver (Music From The Motion Picture)

 

エドガー・ライト監督作品で言うと映画解説・あらすじで触れた『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』もかなり熱いです!2014年の公開から現在に至るまで、現役で聴き続けています!『ベイビー・ドライバー』でエドガー・ライト監督に興味を持った方はぜひ!

 

以下ネタバレを含む感想を箇条書き。

 

最後に。

高評価の人が多い印象ですが、正直やっぱりモヤっとしています。でも、もう一度観たいという気持ちもある。冒頭のノリノリすぎるベイビーと、後半のどんより具合。彼の心境の変化に素直に感情移入できなかったのが、個人的にもったいなかったです。でも、町山智浩さんの話を聴くと…もう一度観たい欲が高まります(笑)


【町山智浩の映画時評】画期的なミュージカルアクション映画『ベイビー・ドライバー』

スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー 感想 【途中ネタバレあり】

スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー 感想 レビュー ネタバレ

『ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO』に続き『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』の感想を書きます。

上映のタイミングにもよりますが、ガールズ~を事前に見た方が話しの繋がりも分かりやすい気がします(盛り上がり的にも)。ちなみにギャバンVS~は、キュウレンジャーの効果もあってか?小さな子どもも何人か見かけました。なんだか少し嬉しいのが不思議ですね。

 

こんなコラボが観たかった!

と、予告で言っていますがその通りの内容です。特に昨今のライダー同士の戦いやライダーと戦隊の戦いというコラボに不満を持っていた方は、すっきりするのでは?むしろ今後の展開にワクワクするはずです。なにせ“新シリーズ”ですから。

ということであらすじ

邪教団・幻魔空界が宇宙を闇に染めようと暗躍する中、宇宙刑事ギャバンこと十文字撃(石垣佑磨)は宇宙マフィアの捜査をしていた。しかし撃は、幻魔空界のマッドギャランに敗北を喫し、シェリー(森田涼花)が凶弾の犠牲となる。特捜戦隊デカレンジャーの協力も断り、シェリーのあだ討ちに乗り出す撃だったが、マッドギャラン宇宙刑事の魂であるレーザーブレードを折られてしまい……。

 

マッドギャラン!?

今回の敵は『巨獣特捜ジャスピオン』のマッドギャラン!というのは、この作品の公開時から話題に?なっていましたね。ギャバンVSデカレンジャーというタイトルにも関わらず、ガールズ~含め紅牙(原幹恵)やヘルバイラなど、他のメタルヒーローの敵が出てくるところに大きく広がる予感を感じさせます。しかもマッドギャランに関しては、声が春田純一さんご本人!どういった経緯でマッドギャランは現代に蘇ったのか?それを知りたい人はぜひ!かなりの強敵ということもあり、彼を倒したジャスピオンは伝説になっているらしいです。

 

「ジャスピオンを観たことがない!」というAmazonプライム会員の方は、プライムビデオでラスト2話だけでも観てはどうでしょう?ジャスピオン対マッドギャランの対決は見ものですよ。

守れ!銀河少年の夢

守れ!銀河少年の夢

 

ちなみに今回の敵組織は邪教団・幻魔空界。教祖のフメインは名前だけの登場で、マッドギャランは教団内の十二の犯罪組織の1つを束ねる十二使徒の1人という位置づけ。今回の2作品で3名の十二使徒マッドギャラン、ヘルバイラ、???)が判明します(紅牙は諜報員という位置づけ)。観ていて、この???に「おぉ!」となりました。

 

以下、ネタバレを含む感想。

マッドギャランが作ろうとしていた、大量殺戮兵器はまさかの?サタンゴースでした!あんな形で埋まっていたなんて…(笑)完全復活の前にデカウイングロボの…技名は忘れましたがシューティング・フォーメーション!という感じが、コラボならではでした。というか、凄まじい爆発だったので街の被害が気になります。何よりサタンゴースがあれで終わりなのは、もったいない!

 

コラボならではでいうと、折れてしまったレーザーブレード。撃のピンチに現れた初代宇宙刑事ギャバンこと一条寺烈(大葉健二)が届けたレーザーブレードが、実はジャスピオンのいる惑星エジンで鍛えなおされたものという設定にはワクワクしました。ギャバンの技もギャバン・ハイパーダイナミックではなく、ギャバン・コズミックダイナミックになっていたのが◎しかし、烈さんが自身のレーザーブレードを撃に託したということは、今後の出番は…。金髪の烈さんに多少の違和感はあるものの、スキンヘッドよりはいいですね(笑)アクションも見せていただきありがたい限り。

 

司祭のシーンで笑いが起きた。

ウメコとセンちゃんの結婚式で司祭を演じたのが、声優の関智一さん。お約束?なのか笑いが起きていました。式の舞台となったワイハー星…住み心地が良さそうですね。

 

ジャスミンがどん引きした紅牙。

手錠をかけたら自分の手を切って、拾って撤退する紅牙さん。ゾッとしたものの、落ちた手がグロくなかったのが救いです。むしろグロくなさすぎて、なにかのフラグなのか?と思ってしまうレベル。彼女はマッドギャランがシェリーをボッコボコにすることに嫌悪しているような描写もあったので、本当に今後が気になるキャラクターです。 

 

十文字撃について。

リアルタイムで初代ギャバンを観ていた人にとって、彼の存在がどう映っているのかが気になる今日この頃。個人的に初代ギャバンファミリー劇場で観て、学生時代に少ないバイト代でDVDを買って再視聴。それなりに思い入れもあります。…が、撃は撃で凄く好きです。「かかと落し!」とかわざわざ言ってしまうところとか。正直、よく宇宙飛行士になれたなと思う性格!同じクラスにいても、僕は友達になれていないかもしれません。でも、彼の勢いある性格が登場するたびに好きになっています。今回、スペース・スクワッドのリーダーに選ばれたこともあり、今後の活躍が本当に楽しみです。

 

東映アベンジャーズが始まる!

次に動く邪教団・幻魔空界の十二使徒は、紅牙によると『超人機メタルダー』のクールギンです。クールギンも二代目なのかご本人なのか気になるところ。何よりもヒーロー側も最後の最後で一気に可能性が広がりました。ひとまずパンフレットに載っているのは…

といった感じ。他はうろ覚えですが、画面に映ったのが

といった感じ。このシーン…33歳のいい大人が…超ワクワクしました(笑)今後、これらのヒーローが必ず登場するのかは謎です。撃がリーダーとして、チームメンバーを選抜するようなことを言ってた気がします。ジャスミンウメコはガールズ~と両立するのか?も気になります。

スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー 感想 レビュー ネタバレ

 

他、思ったことを箇条書き。

  • あの世界のニュース番組はお茶の間に死体の映像を流しすぎ!
  • ソフィ長官のキャラがコロコロ変わる感がいい。
  • シェリーは今後どうなるのか?救出直後のやり取りが可愛い。しかし、殴られるシーンはかわいそうだった。パンフレットによると、あれでも編集でかなりカットしたらしい。
  • ニタズミー星人イペットさん…かわいそう。でも、デカブレイクはカッコよかった。
  • クローネンはなぜ熱心な信者になったのか?フメインに期待せざるを得ない。
  • 初代ジャスピオンは健在?
  • メタルダー復活の可能性はあるのか?
  • ウメコとセンちゃんは結婚できたのか?

疑問はもっと出てきそう。しかし…

 

こんなコラボが観たかった!

本当にやっと!?東映さんが本気を出してくれた気がして、嬉しいのが本音です。今後、シリーズがマーベル・シネマティック・ユニバースのように続くことを祈って…いるだけでは、打ち切られそうなので(笑)特撮(メタルヒーロー・戦隊)好きは観に行ったりしないと!と思いました。

 

関連商品

ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO [DVD]
 
プレミアム バンダイデザインTシャツ通販のClubT